土地の節税

ホーム > 土地の節税

節税につながる適正な土地評価

相続税は大まかに言うと相続する財産の総額に対してかかってくる税金です。したがって、「どのように財産の総額を計算するのか」ということが納税額に影響してきます。「誰が計算しても同じにならないの?」と思うでしょうが、実は土地については同じにならない理由があります。

ポイントは土地の減価要因を見落とさないこと

通常土地の評価をするときは、路線価や固定資産税評価額などを基に、国税庁が定める財産評価基本通達というマニュアルに従って算出します。この財産評価基本通達の規定によると、土地の評価方式は「減点方式」が採用されています。減点方式とは、「評価対象地にマイナス要素があれば減額してもよいですよ」というやり方です。このマイナス要素は多岐に亘り定められていますので、評価対象地がどの減価要因に該当するのかを見落とさず、適正な金額で評価することが引いては節税につながります。

【Message⑤ 地主さん相続を守る「土地評価の重要性」】    

【減価要因の一例】

相続税は「財産の分け方」と「申告の仕方」で決まります。

相続税がかかる人の場合、財産の分け方と申告の仕方次第で納税額は大きく変ってきます。財産の分け方は家族構成によって異なりますが、配偶者が相続人にいる場合は、二次相続も考慮した最善の分け方によって、納税額も抑えることが可能になります。そして相続時の申告では、財産の評価額を如何に抑えることができるかによって納税額も変りますので、納税者の立場に立った理解ある専門家に相談することが重要と考えます。

【Message② チームでなければ実現できない】    

ご相談は無料です。不動産対策における各種相談については、お客様との直接のご面談にて対応させていただいております。ご相談は無料ですので是非お気軽にご利用下さい。電話:055-237-1020。kokudo konsulは弁護士法・税理士法・各士業法による業務区分を遵守します。

不定期更新kokudoからの一言アドバイス

住宅・宅地などの不動産は、遺産分割しにくい財産です。財産に占める不動産の割合が高い人ほど、事前の遺産分割対策が必要です。

スタッフの紹介

土地の節税

農地の相続

サービス対象エリア

相続支援ネット

アクセス

【所在地】
〒400-0806
山梨県甲府市善光寺1-6-6
【電話受付】
平日9:00~17:30
【休業日】
日・祝日